まぶたのたるみ

まぶたのたるみについて

まぶたのたるみは、加齢などにより目の周りの筋肉が衰え、
支えていた皮膚が徐々にたるんでくることでおこります。
皮膚がたるむとシワもでき、実年齢以上の印象を与えてしまうこともしばしばです。

まぶたのたるみは、余分な皮膚や脂肪の除去、皮膚や筋肉の引き上げなどによって改善できます。
とくに上まぶたのたるみに関しては、「眼瞼下垂」という症状が認められる場合、保険適応による手術が可能です。
詳しくはお気軽にご相談ください。

上まぶたのたるみの手術

当院は「まぶたに特化したクリニック」として、上まぶたのたるみ、
特に眼瞼下垂への対応には強い自信とこだわりを持っています。

上まぶたがたるんでくると、他人に与える印象のみならず、日常生活に様々な支障がでてきます。そのため、「眼瞼下垂」の基準を満たす症例の場合は、保険診療が適応となります。詳細は「眼瞼下垂→」のページをご覧ください。
上まぶたのたるみへの対応/施術の一例 一部保険診療可自由診療

上の青いボタンからは「眼瞼下垂」ページの各項目へリンクします。
詳しくは「眼瞼下垂」のページもご覧ください。

コンビネーション法(眉毛下皮膚切除術+挙筋前転術)

眉毛下皮膚切除と挙筋前転術を組み合わせた方法です。まぶたの皮膚を切除しないため、より自然な二重まぶたにすることが可能です。まぶたの皮膚が厚めで、かつ、たるみが強い方で、眼瞼下垂手術の際に重瞼作成も希望される方におすすめです。

コンビネーション(眉毛下切除術+挙筋前転術) 手順1

1. 切 開眉毛下皮膚切除では眉毛下縁のラインを、挙筋前転術では想定される二重まぶたのラインに沿って、それぞれ切開します。

コンビネーション(眉毛下切除術+挙筋前転術) 手順2

2. 皮膚の切除/挙筋の固定眉毛下の余分な皮膚を除去します。また、下の切開箇所より眼瞼挙筋の先端部分を剥離し、その先端を本来の付着部位である瞼板上方に細い糸で固定します。

コンビネーション(眉毛下切除術+挙筋前転術) 手順3

3. 縫 合切開した部分を丁寧に縫合します。

コンビネーション(眉毛下切除術+挙筋前転術) 手順4

他の術式に比べて時間は少しかかりますが、たるみの除去と自然な二重まぶたの形成ができる、整容性の高い術式です。

手術費用について
コンビネーション
自由診療
両側眉毛下+片側挙筋:
498,000
両側眉毛下+両側挙筋:
598,000

※上記に加えて、薬剤料等の費用が別途必要となります。
※オプションなどの詳細は料金表をご覧ください。

術後の経過
  • 腫れ:大きな腫れは1~2週間で引きます(内出血や感染が起こった場合、腫れが長引く事もあります)。完全に腫れが消退するまでには通常2~3ヶ月かかります。
  • 皮下出血:手術中に細い血管が傷つくと皮膚の下で出血し、紫色になる場合がありますが、通常1~2 週間で消失します。
  • 術後の傷跡:術後しばらくの間、傷跡の赤みや硬さが目立つ場合がありますが、通常2~3ヶ月で改善します。
    下まぶたのゆるみ防止の固定のため、目尻部分が横に引っ張られ、目元が突っ張った状態になる事がありますが、術後1ヶ月程で徐々に改善されます。
  • 洗顔・シャワー:洗顔・シャワーともに、手術当日から可能ですが、まぶたを強くこすらないようご注意ください。
  • メイク:アイメイクは抜糸の翌日から可能です(それ以外は手術翌日より可能です)。
  • 通院:術後1週間で抜糸を行います。
    その後、術後1ヶ月、3ヶ月後、(可能ならさらに6ヶ月)で経過を見させていただきます。

下まぶたのたるみの手術

当院では、経結膜脱脂、余剰皮膚/脂肪切除、ハムラ法などにより
患者様それぞれのご要望に合わせて最善、最良の施術を提供いたします。

下まぶたのたるみへの対応/施術の一例
余剰皮膚/脂肪切除

下まぶたのシワやタルミ、皮膚と筋肉がゆるんで目の奥から はみ出した脂肪(目袋)や溝のように凹んで出来たクマを改善します。
下まぶたのまつげの際を切開し、皮膚と筋肉を同時に引き上げ、余った皮膚を切除します。突出(とっしゅつ)している余分な脂肪は切り取り、まぶたの凹凸を滑らかにします。

余剰皮膚/脂肪切除 手順1

1. 切 開下睫直下ギリギリのラインに切開線を設定し、切開します。

余剰皮膚/脂肪切除 手順2

2. 脂肪の切除・移動切開部より、余分な脂肪を切除します。

余剰皮膚/脂肪切除 手順3

3. 皮膚・筋肉の引き上げ皮膚と筋肉を同時に引き上げ、外側の眼窩骨膜に縫い付けてたるみを改善します。

余剰皮膚/脂肪切除 手順4

4. 余剰皮膚の切除余った皮膚は想定デザインに沿って丁寧に切り取り、シワを改善します。

経結膜脱脂 手順4

5. 縫 合切開部分を丁寧に縫合します。

手術費用について
下眼瞼皮膚切除
自由診療
両眼:268,000
片眼:148,000
+下眼瞼脱脂(追加)
自由診療
両眼:+58,000
片眼:+38,000

※上記に加えて、薬剤料等の費用が別途必要となります。
※オプションなどの詳細は料金表をご覧ください。

術後の経過
  • 腫れ:大きな腫れは1~2週間で引きます(内出血や感染が起こった場合、腫れが長引く事もあります)。完全に腫れが消退するまでには通常2~3ヶ月かかります。
  • 皮下出血:手術中に細い血管が傷つくと皮膚の下で出血し、紫色になる場合がありますが、通常1~2 週間で消失します。
  • 術後の傷跡:術後しばらくの間、傷跡の赤みや硬さが目立つ場合がありますが、通常2~3ヶ月で改善します。
    下まぶたのゆるみ防止の固定のため、目尻部分が横に引っ張られ、目元が突っ張った状態になる事がありますが、術後1ヶ月程で徐々に改善されます。
  • 洗顔・シャワー:洗顔・シャワーともに、手術当日から可能ですが、まぶたを強くこすらないようご注意ください。
  • メイク:アイメイクは抜糸の翌日から可能です(それ以外は手術翌日より可能です)。
  • 通院:術後1週間で抜糸を行います。
    その後、術後1ヶ月、3ヶ月後、(可能ならさらに6ヶ月)で経過を見させていただきます。
ハムラ法

目の下のふくらみに加えて皮膚のたるみも気になるという比較的年配の方の場合、脂肪切除だけでは目の周りが落ち込みかえって貧相な印象となってしまう場合があります。そのような方には、脂肪を切除するのではなく、脂肪の膨らみの下方のくぼんで見える部分に余分な脂肪を敷き詰めて平らにするハムラ法をお勧めします。

ハムラ法 手順1

1. 切開と剥離下まぶたのまつげの生え際を切開し、眼輪筋の裏面を目の下の骨の縁を超える範囲まで剥離します。

ハムラ法 手順2

2. 脂肪の敷き詰め脂肪を覆っている薄い膜(隔膜)を切開し、内部の脂肪を引き出して、骨の縁の部分に敷き詰め、骨膜に糸で固定します。

ハムラ法 手順3

3. 余剰皮膚の切除脂肪を固定した後、下まぶたの余分な皮膚を引き上げ、トリミングします。

ハムラ法 手順4

4. 縫 合細い糸で丁寧に皮膚を縫合します。

手術費用について
ハムラ法(皮膚側)
自由診療
両眼:448,000
片眼:238,000
ハムラ法(経結膜)
自由診療
両眼:548,000
片眼:298,000

※上記に加えて、薬剤料等の費用が別途必要となります。
※オプションなどの詳細は料金表をご覧ください。

術後の経過
  • 腫れ:大きな腫れは1~2週間で引きます(内出血や感染が起こった場合、腫れが長引く事もあります)。 完全に腫れが消退するまでには通常2~3ヶ月かかります。
  • 皮下出血:手術中に細い血管が傷つくと皮膚の下で出血し、紫色になる場合がありますが、通常1~2 週間で消失します。
  • 術後の傷跡:術後しばらくの間、傷跡の赤みや硬さが目立つ場合がありますが、通常2~3ヶ月で改善します。
    下まぶたのゆるみ防止の固定のため、目尻部分が横に引っ張られ、目元が突っ張った状態になる事がありますが、術後1 ヶ月程で徐々に改善されます。
  • 洗顔・シャワー:洗顔・シャワーともに、手術当日から可能ですが、まぶたを強くこすらないようご注意ください。
  • メイク:アイメイクは抜糸の翌日から可能です(それ以外は手術翌日より可能です)。
  • 通院:術後1週間で抜糸を行います。
    その後、術後1ヶ月、3ヶ月後、(可能ならさらに6ヶ月)で経過を見させていただきます。
経結膜脱脂

下まぶたの脂肪が生まれつき多い方や、皮膚や筋肉のタルミにより支えきれなくなった脂肪が下まぶた側に押し出された場合、下まぶたに膨らみ(目袋)が作られます。目袋が出来ると、膨らみの下側には影ができて目の下のくまとなります。
下眼瞼脱脂術では、下まぶたの裏側の結膜を切開し、はみ出てくる脂肪を減らします。目袋の膨らみが凹んで涙袋が強調されます。傷跡も残らずダウンタイムの少ない手術ですが、皮膚のたるみの改善はできないため、比較的皮膚のハリがある、若い方が適応となります。

経結膜脱脂 手順1

1. 切 開まぶたの裏(結膜側)の粘膜を切開します。

経結膜脱脂 手順2

2. 脂肪の切除切開部より、余分な脂肪を切除します。

経結膜脱脂 手順3

3. 縫 合体内で溶ける糸(吸収糸)で粘膜を縫合します。

経結膜脱脂 手順4

まぶたの表(皮膚側)には、傷は入りません。

手術費用について
経結膜脱脂
自由診療
両眼:328,000
片眼:178,000
下眼瞼脱脂(皮膚側)
自由診療
両眼:268,000
片眼:148,000

※上記に加えて、薬剤料等の費用が別途必要となります。
※オプションなどの詳細は料金表をご覧ください。

術後の経過
  • 腫れ:大きな腫れは1~2週間で引きます(内出血や感染が起こった場合、腫れが長引く事もあります)。完全に腫れが消退するまでには通常1~2ヶ月かかります。
  • 皮下出血:手術中に細い血管が傷つくと皮膚の下で出血し、紫色になる場合がありますが、通常1~2 週間で消失します。
  • 術後の傷跡:術後しばらくの間、傷跡の赤みや硬さが目立つ場合がありますが、通常2~3ヶ月で改善します。
  • 洗顔・シャワー:洗顔・シャワーともに、手術当日から可能ですが、まぶたを強くこすらないようご注意ください。
  • メイク:アイメイクも含め手術当日から可能です。
  • 通院:1~2週間後に仕上がりの確認のため受診をお願いします。
    その後、術後1ヶ月、3ヶ月後、(可能ならさらに6ヶ月)で経過を見させていただきます。