XEO™/ゼオ

ロングパルスYAGレーザーと、IPL(光治療)専用ハンドピースで、
様々な肌トラブルに対応にする「マルチフラッシュランプシステム」

XEO™(ゼオ)メイン画像

ゼオ(マルチフラッシュランプシステム)

主な用途小じわシミソバカスなど

Q-YAGレーザーとIPL(光治療)を1台でカバーするマルチフラッシュランプシステムです。マルチハンドピース(複数の手持ち機器)治療により、トータルスキンセラピーが可能です。症状に適したハンドピースで最適な光を照射することで、様々なお肌のトラブルの改善に効果を発揮します。

多彩なハンドピース・バリエーション

ジェネシス/genesis™ – ロングパルスYAGレーザー

genesis logo

オールシーズン、オールスキンタイプに使用可能な、
ノーダウンタイムのスキンリジュビネーション*

genesis™(ジェネシス)メイン画像

主な目的スキンリジュビネーション・・・肌質の改善、毛穴開大の軽減、赤みの軽減、毛細血管拡張症治療、肥厚性瘢痕(ケロイド)、表面の引締め効果 など

照射するレーザーの波長が長い(ロングパルス)ため皮膚の深く(4mm程度)まで深達し、メラニンとヘモグロビンの双方に適度に吸収されます。皮膚のターンオーバーを正常に促すので、毛穴が目立たなくなり、ニキビ痕の赤みや・軽微なタルミなど、お肌の表面の凹凸を改善します。
また、真皮上層部に熱を加えて、コラーゲンのリモデリングを促進することで開いた毛穴を引き締め、小じわの除去やお肌のキメ・ハリの改善に効果的です。
レーザーはヘモグロビンなどの赤いものに反応しやすく、微小脈管に吸収されるので、毛細血管が目立つことによる、お顔の赤みの改善にも効果があります。
加えてダウンタイムや痛みがほとんどなく、安全性に優れているのも大きな特長です。

ジェネシスの特長

1. 痛みの少ないノーダウンタイム治療1回の治療でおよそ4~8,000発程度の照射を行いますが、熱さや痛みはほとんどなく、温水を当てている程度の感覚とお考えください。治療当日から洗顔、入浴が可能です。

2. 副作用の起こりにくい、安全性の高い治療ジェネシスの治療は緩やか且つ優しい治療ですので、紫斑形成など副作用の心配はありません。ただし治療期間は日焼けなどの対策は十分に行ってください。

3. 衛生的基本的に皮膚から少し離した状態で中空照射しますので、ハンドピースが直接肌には触れません(治療内容による接触照射の場合を除く)。 また、独自の先端クリーニング機能により、いつでも先端は清潔な状態に保たれます。

4. オールシーズン・全てのお肌タイプに使用可能XEO™、ジェネシス独自の最新の技術に加え、様々なパラメータ(機器の設定)や照射スポットサイズを調整することにより、様々な症例への適応はもちろん、季節や患者様のお肌のタイプを気にすることなく治療を行えます。

症例と治療(参考画像)
ジェネシス:症例 1

小じわ・お肌のキメの改善、赤みの軽減

シミ症例1治療前

治療前

シミ症例1治療後

治療後

ジェネシス:症例 2

瘢痕の軽減、お肌のキメの改善

シミ症例2治療前

治療前

シミ症例2治療一月後

治療後

ライムライト/limelight™ – IPL(光治療)

limelight logo

これ一本であらゆる日本人のお肌にマッチし、
多様な皮膚老化症状に効果を発揮するIPL

limelight™(ライムライト)メイン画像

主な目的色素性病変(雀卵斑、日光性色素斑など)および毛細血管拡張症の治療 など

発振波長520〜1100nmの成分を有効にコントロールすることによって、メラニン・ヘモグロビンの吸収率を調整し、色素性病変・血管性病変の両方に確かな効果を発揮します。連続照射間隔が短く、施術時間の短縮が可能で、光治療器の中でも特に、痛みと効果のバランスが優れたハンドピースです。

ライムライトの特長

1. 日本人の肌のための光治療日本人医師が日本人の肌のために開発したので、日本人の様々なお肌の特性にマッチします。

2. シミやソバカスに効果を発揮520~1,100nmの幅広い波長の光を顔全体に照射するので、シミ・そばかすはもちろん、くすみ・小ジワ、赤ら顔・毛穴の開き・ニキビ跡の赤みなど、様々なお肌のトラブルの改善が期待できます。
また、真皮層のコラーゲンの産生を促進し、お肌にハリを取り戻すことも可能です。

3. ノーダウンタイムダウンタイムがほとんどないので、治療当日から洗顔、入浴、お化粧など、普段通りの生活が可能です。

術後の処置と経過
  • 痛みがある場合、ジェルパックや冷やしたタオルなどでクーリングします。
  • 処置した色素病変は通常濃色化し、数日中にマイクロクラスト(細かいかさぶた)の形成が始まります。これは通常1〜3週間で消失します。
  • マイクロクラストがある間は、保湿剤で保護します。
  • 治療の間隔は3〜4週間程度を推奨しています。
  • 局所性の紅斑が発現する事がありますが、通常24〜48時間以内に消失します。
  • 治療期間中は日焼け止めを使用し、日差しが強い場所等への外出を避けて下さい。
  • 治療直後からお化粧をすることができます。
症例と治療(参考画像)
ライムライト:症例 1

頬のシミの改善

ライムライト症例1治療前

治療前

ライムライト症例1治療後

治療後

ライムライト:症例 2

腕のシミの除去

ライムライト症例3治療前

治療前

ライムライト症例3治療後

治療後

アキュチップ/acutip™ – IPL(光治療)

acutip logo

周辺組織への影響を最小限にとどめる
ピンポイントのブライトニング治療

acutip™(アキュチップ)メイン画像

主な目的色素性病変(雀卵斑、日光性色素斑など)および毛細血管拡張症の治療 など

従来のIPL治療の枠を超えたスポット治療が可能なハンドピースです。
500〜635nmのメラニン・ヘモグロビンに効率良く吸収される波長を治療患部に照射することでメラニン色素を破壊し、また熱作用によりしみやそばかす、ニキビ跡などの赤みなどを改善します。

ジェネシスやライムライトと組み合わせて治療することで、より高い効果を得ることも可能です。

アキュチップの特長

1. お悩み部分にピンポイント照射照射スポットが直径6.35mmと小さいので小さいしみや赤みにピンポイントで照射することが可能です。特に凹凸の多い鼻周りのケアに最適です。

2. 患部の周りへの影響が少ない小さな範囲に効果的にスポット照射するので、患部周辺組織の損傷を最小限にとどめます。

3. ノーダウンタイムダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐにメイクすることができます。

4. ソバカス治療に最適小さな範囲にスポット照射できる特性や、ダウンタイムの短さから、ソバカス治療に適した療法です。当院ではソバカス治療のファースト・チョイスとして推奨しています。

術後の処置と経過
  • 痛みがある場合、ジェルパックや冷やしたタオルなどでクーリングします。
  • 処置した色素病変は通常濃色化し、数日中にマイクロクラスト(細かいかさぶた)の形成が始まります。これは通常1週間で消失します。
  • マイクロクラストがある間は、保湿剤で保護します。
  • 治療の間隔は3〜4週間程度を推奨しています。
  • 局所性の紅斑が発現する事がありますが、通常24〜48時間以内に消失します。紫斑が発現した場合は、通常7日程度で消失します。
  • 治療期間中は日焼け止めを使用し、日差しが強い場所等への外出を避けて下さい。
  • 治療直後からお化粧をすることができます。
症例と治療(参考画像)
アキュチップ:症例 1

小鼻の毛細血管拡張の除去

シミ症例1治療前

治療前

シミ症例1治療後

治療後

アキュチップ:症例 2

頬部の色素斑の除去

シミ症例2治療前

治療前

シミ症例2治療一月後

治療後